独身女性の老後に向けての貯蓄の必要性は?

老後に向けての不安というのはおひとりさまならば誰でもかかえている悩みだろうと思います。
人によってどれだけの貯蓄があれば安心だという明確な数字はなく、年金や退職金がどのくらい入ってくるか、老後に自分がどのくらいの水準の生活がしたいかや資産の有無によってもその設定金額は違ってくるものになります。

ただ、ひとつ言える事は、貯蓄は早い段階からしていった方がいいという事です。
特に独身女性の場合、キャリアに応じて給料が上昇していくかといえばそうでない場合もあります。
正社員雇用であればまだ安定して給料が入り貯蓄もしていけますが、派遣やパートでは安定と収入という点について不安が残ります。
ですが節約をし堅実にお金を蓄財する事はできます。
お金が全てという事ではありませんが、豊かな老後を過ごすための財政力は必要です。
計画的に積み立てを実行していくためにも、目標があったほうが貯めやすいと思いますので自分の老後に向けての貯蓄試算をしてみるといいかもしれませんね。

個人的なおすすめは、収入の10%をまず貯金してしまうことです。毎月赤字だった人は無理だと思うかもしれませんが、残りの90%しかないと思って暮らせば不思議と生活できるものです。

カテゴリー: 独身のくらし   パーマリンク

コメントは受け付けていません。