独身の女性がマンション購入で将来安心できるかどうか?

独身の女性にとって将来への不安というのは誰でも抱えている問題だと思います。
収入が減ってしまった場合のことを考えたり、大規模で安定している会社も一年先二年先の事はわからないというのが現状で、突然職を失ってしまう可能性も0ではありません。

減給や失業に陥ってしまった時のことを考えると生活面で何か安心できるものを形として求めたくなるのが心情です。
資金余力のある時にマンション購入しておこうと考える独身女性も少なくないようです。
一般的に一戸建て住宅よりマンションは安価に購入ができるのが通常です。
ですが購入前はもちろんの事購入後にも固定資産税やマンション管理費、修繕積立金などの経費が発生してきます。

ここで注意点として、一戸建てマイホームなら上下水道や電線等の管理、または区画前道路の整備は自治体の管轄になりますが、マンションでは上下水道や電線はもちろんの事共有部分についても入居者側で管理し負担しなければならないというのがあるでしょう。
しかも管理組合の合意により修繕や建替えが実行される事や、仮にマンション購入後に結婚などの理由により賃貸に出す場合金融機関の優遇金利が取り消されたり、すぐに入居者が見つかるかどうかというリスクも考慮の上で安心できる物件を探す必要があります。

カテゴリー: 独身のくらし   パーマリンク

コメントは受け付けていません。