尾を引かないお見合いの断り文句とは?

お見合いは必ず成功するものではありません。やなり希望に沿わないこともあるでしょう。
そんな時はどのような断り文句があるのでしょうか?

「私には立派すぎる方で」「趣味や実績がとても私とは不釣り合いなので」等でしょうか。
便利な言葉ではありますが、場合によっては「いやいや、そんなに遠慮しなくても」と都合のよい方にとられる場合があります。

お見合いの場合、実際は仲人や世話人がいるかと思いますので、その場合はお相手に直接伝えることはないので、ある程度真実を語っても良いでしょう。
ただし、相手の方を傷つけるような事を言うのは避けるように気をつけて下さい。
「転勤が多いと聞きまして、私は実家のそばが良いので」等は条件が違ったのだと納得してもらいやすいです。

「性格が全く合わない」「生理的に受け付けない」ということも実際はあるかと思いますが、その際も条件に合わないというところを強調したうえで「大変もったいないお話なのですが」とへりくだって相手に伝えた方が良いでしょう。

カテゴリー: お見合い   パーマリンク

コメントは受け付けていません。