一生独身でパートナーがいない事への不安ってなにがある?

結婚への考え方が多様化してきている現代では一生独身で過ごす人も少なくありません。
何の問題もなく健康を維持しバリバリ仕事をこなしている時には経済的にも余裕があり余計な束縛もされず自由を満喫し不安は少ないと思います。

ですが加齢とともに身体に異常を感じた時や精神的ダメージの大きな問題などが発生した場合には、信頼し頼れる人がいなければ孤独感が増し心細さも増すのではないでしょうか。
既婚者であれば体調や精神的なバランスを崩した時などに、真っ先に気持ちと体を労わってくれるのはパートナーでしょう。
東日本大震災をきっかけに、入籍したという長年籍を入れていなかったカップルがたくさんいますよね。
夫や妻に変わり、支えてくれる身内や友人がいれば心強さはあると思いますが、いつでもすぐ近くにいてずっと付き添い力になってくれるとは限りません。そうゆう意味ではある程度の覚悟は必要かと思います。
覚悟が出来ていれば後は心と体をケアしてもらえる状況設定と資金確保をし、生涯を通じての友人を作っておけば不安も少なくなるのではないでしょうか。

カテゴリー: 独身のくらし   パーマリンク

コメントは受け付けていません。