お見合いのお相手への希望はどこまで伝える?

ご自分はどういう人と結婚したいのか、またはご自分のどういうところをわかっていてほしいのかを考えることは、お見合いをする上で非常に大切なことです。
お仲人さんや仲介業者にお相手への希望を伝えることになりますが、どういうところに注意したら良いでしょう。

外見への注文がある場合もありますが「女優の○○さんに似ている人」などと希望を告げるのは現実的ではありませんし、あなたの人格が良く思われません。
容姿などの見た目は結婚生活を送る上で、必ずしも重要な要素ではありませんので「笑顔の素敵な人」といった程度の希望で良いのではないでしょうか。

ご自分の送りたい生活を考えた上での希望は重要になります。
「家業を継ぐ可能性があることを理解してくれる人」「子どもが欲しいので子ども嫌いではない人」「どうしても犬が飼いたいので犬好きの人」等は始めに話しておいた方が良いことです。
結婚してから子どもが嫌いだ、と聞くことは余計なトラブルを招きかねません。

現実的な生活を送ることを考えて、ライフスタイルと好みを考えると自然と相手への希望がわかってくるのではないでしょうか。

カテゴリー: お見合い   パーマリンク

コメントは受け付けていません。